男性

うつ病の原因について調べる【神経伝達物質であるセロトニンが減少】

生き辛さを感じたなら

医者

うつ病克服のヒントは、原因の究明にあります。いつもと何かが違うと感じれば、早めに心療内科を受診して下さい。カウンセリングや投薬によって、ほとんどの患者さんが回復に向かいます。誰もがなりうる病気だからこそ、注意深く見守る必要があります。

もっと詳しく

再発予防も重要になります

男性

うつ病は気持ちが落ち込んでしまうだけではなく、疲れやすくなる体の症状が出てくることもあります。決して心の弱さが原因で起こる病気ではなく、正しい知識を身につけ、専門医のもとで適切な治療を受けることが大切です。

もっと詳しく

現代病であるこころの病気

看護師

うつ病は幅広い年齢層で起こり、男女ともにかかる病気です。原因にはストレスや環境の変化、体の病気などいくつかの要因が重なって起こります。治療には脳内の神経伝達物質を整える抗うつ剤が有効で、精神が安定していくため医師の適切な診療を受けましょう。

もっと詳しく

うつを治すためには

女性

自分がうつ病に疾患しているかもしれないと思った場合は、早めに心療内科に行きましょう。心療内科では医師によるカウンセリングと投薬治療が行われます。うつ病の原因は睡眠不足などです。また、病院を選ぶ際には、医師との相性をきちんとチェックしましょう。

もっと詳しく

病院の診察費用と治療法

医者

うつ病の原因は心理的なストレス、脳内の変化、体質と考えられており、几帳面でまじめな人は発症しやすいと言われています。病院で治療をする場合には十分な休養と抗うつ薬による治療が主で、初診の場合で3,000〜6,000円程度の費用がかかります。

もっと詳しく

セロトニン不足に注意

待合室

生活を見直してみよう

心の病気といえば、うつ病は特に有名な存在ですが、こうした病気はいつ誰がなってもおかしくありません。ストレスはもちろん、引っ越しや転勤などによる環境の変化などでも起こるとされていますが、実はうつ病の原因はまだはっきりとはわかっていません。脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少することも原因のひとつと言われていますので、予防のためにはセロトニン不足も解消したいところです。セロトニンはトリプトファンと呼ばれる成分から作られますので、トリプトファンを多く含む食品も積極的に摂りいれていきましょう。トリプトファンを多く含む食品では牛乳やチーズなどの乳製品が有名ですし、肉類や納豆にも含まれています。季節が変化することで症状が悪化する人も多いですが、特に冬場はうつの症状が出やすいとされています。冬場は日照時間が少なくなる傾向にありますが、日照時間の少なさもセロトニンの分泌を抑えるとも言われています。それゆえ冬季うつを防ぐためにも、意識して日光を浴びることも考えていきたいところです。うつ病を予防するためには、生活の見直しを行うことも大事ですが、原因がはっきりしていないこともあり、それだけでは改善が難しい人は少なくありません。より早い改善を得たい、自分に合う治療を選びたいという人は医療機関で診察を受けることも考えてみましょう。診察を受ける準備や申し込み方法も知っておきたいですが、診察は精神科や心療内科で行われていますので、まずは近隣で評判の良いクリニックを見つけておきましょう。医療機関には予約なしで行っても対応してくれるところもありますが、あらかじめ予約を行っておけば待ち時間も少なく、スムーズな診察が期待できます。予約は電話で行うこともできますし、公式サイトがあるクリニックはサイトからも予約が行えることが多くなっています。来院の際はまずは受付を行いますが、内科など一般的な医療機関と特に変わりはありません。受付が終わったら予診が行われ、その後に必要な検査や診察を進めていきます。問診は原因を知ることにもつながりますので症状は詳しく伝え、原因として考えらえる環境の変化なども話しておきます。うつ病と似た別の病気もありますので、医師にどのような症状であるか判断してもらいましょう。